お腹だけ太る理由

お腹だけ太る人とそうでない人がいますが、両者の違いは何なのでしょうか?お腹だけ太る人には何か体質的な違いがあるのでしょうか?

確かにお腹だけ太る人には体質的な要素もいくぶんはあるでしょう。例えば生まれながらにしてお腹に脂肪が付きやすい遺伝子を持って生まれた場合です。

その他、性別の違いによってもお腹への脂肪の付きやすさに違いが出てきます。女性よりも男性の方がお腹に脂肪が付きやすいのです。

また、生活習慣によってもお腹に脂肪が付きやすかったり、そうでなかったりします。

遺伝子的な部分は変えようもないわけであり、だからこそお腹だけ太る人が改善できる要素は生活習慣だと言えます。

ダイエットとは摂取カロリーと消費カロリーのバランスであり、消費カロリーに対して摂取カロリーが多いほど体に脂肪が付くことになります。

でも、それだけではお腹だけ太る理由に対する回答にはなりませんし、改善のしようもありません。

そこで、お腹だけ太る原因を明確にすれば、運動をしない人ほどお腹に脂肪が付きやすくなるということです。

実は運動をしない人ほど皮下脂肪に比べて、内臓脂肪が多くなるという傾向があります。運動をすれば内臓脂肪が減りやすいという体のしくみがあるからです。

よって、お腹だけ太ることで悩んでいるなら、生活習慣に運動を取り入れるとよいでしょう。