ダイエットでお腹を痩せる方法

ダイエットしてもお腹が痩せないと悩む人も多いですが、何も考えずにダイエットをするとお腹の部位の脂肪はなかなか減らないものです。

お腹のダイエットと他の部位のダイエットでは脂肪の減らし方が異なるため、ダイエットしてもお腹だけなかなか脂肪が落ちてくれないという結果になるわけです。

体には皮下脂肪と内臓脂肪の2種類の脂肪があります。単純に食事制限などで脂肪を減らせばお腹の脂肪も減っていく、と考えていればお腹を痩せるのが難しくなります。

ご想像の通り、お腹には皮下脂肪とともに内臓脂肪があります。

しかも、体全体として考えれば内臓脂肪の比率が多いため、内臓脂肪を落とすような戦略的なダイエットでないとお腹の脂肪を目に見えるほど減らすことはできません。

ではどうすればお腹の内臓脂肪を集中的に減らすことができるのか?

その方法(内臓脂肪を集中的に減らす方法)は運動です。

今までダイエットして体重を減らしてもお腹の脂肪が思ったほど減らないと思っているなら、過去のダイエットが食事制限だけではなかったかを振り返ってみましょう。

運動はあまりしていなかったはずです。運動を取り入れたダイエットをすれば内臓脂肪が集中的に減っていくため、お腹の脂肪に厚みを加えていた原因を改善することができます。

ウォーキング程度からで大丈夫ですので、まずはダイエットに運動を取り入れてください。