ダイエットで痩せた後にキープする方法

ダイエットは痩せた後の体重をキープする方法まで考えて行う必要があります。そこで、ダイエットの完全な成功を目指すために、痩せた後の体重をキープする方法を解説します。

まず、なぜ痩せた後に体重をキープできないのかというと、ダイエットに伴う基礎代謝の低下がその原因です。よって、いかに基礎代謝を低下させずに痩せるかが最重要課題です。

ご存じの通り、食事制限でダイエットを行うと体脂肪と一緒に筋肉も減っていきます。この筋肉量の減少がそのまま基礎代謝の低下へとつながります。

そして、体重が減ったはいいけど、痩せた後に体重をキープできなかったという残念な結果につながります。

では、どうすれば基礎代謝を低下させずに痩せられるのでしょうか。

その1つの方法は運動を併用することによって筋肉量の減少を防ぐことです。

もちろん運動をやったからと言って食事制限で体重を減らしている限りは筋肉量の減少を完全に防ぐことは不可能です。だけど減り方をゆっくりと緩和させることができます。

しかし、運動だけでは筋肉量の低下を防ぐ効果は低くなります。運動を行いながらたんぱく質も同時に摂取していくと筋肉量の減少を最大限に緩和できます。

また、基礎代謝に関わっているのは筋肉量だけではありません。

筋肉は体の中でもエネルギーを多く消費する部位として基礎代謝量に深くかかわっているわけですが、根本的に体でエネルギーを生産しているのは細胞内小器官であるミトコンドリアです。

このミトコンドリアがエネルギーを生産する時には酵素が必要になります。

そこで、食事制限をしながら酵素を補うことでも、基礎代謝の低下を大きく食い止めることができます。酵素ダイエットが基礎代謝の低下を防ぐには効果的なダイエット方法だということです。