効果的なダイエットを解説

効果的にダイエットを行うコツとしては、精神的な苦痛を減らすこと(食欲を減らす工夫)と痩せやすい体を築くこと(基礎代謝を上げること)が必要です。

このどちらも、体のしくみを知ることで実際に実現できることです。

いわば、効果的なダイエットのためには、がむしゃらに食事制限をしたり運動をしたりするのではなく、頭脳的な戦略も必要になってくるのです。

まず、ダイエットが辛いと思うのは、食欲(食べたい気持ち)を抑えきれないからです。だからこそ、食欲を抑える体のしくみを知っておく必要があります。

人が食欲というものを抑えられない1つの理由として、たんぱく質という栄養素の不足が挙げられます。

実はたんぱく質には食欲を抑える機能性があります。たんぱく質を摂取することで、体内では食欲抑制ホルモンが分泌されるからです。

最近の研究では、カロリー摂取に対するたんぱく質の摂取割合と肥満率には、密接な関係があると言われています。

そして、痩せやすい体を築くためには、基礎代謝を上げる工夫が必要です。

ご存じの通り、基礎代謝は体の筋肉量や体内酵素の量が関係しています。運動をして筋肉量を増やすか、酵素を補って体内酵素を増やすことが基礎代謝のアップにつながります。

要するに、効果的なダイエットとはたんぱく質を十分に補って食欲を抑え、運動や酵素を補うことで基礎代謝を上げて痩せやすい体を築くことです。