痩せてる人の菌を補う方法

痩せてる人の腸内細菌には共通点があり、これはいわゆる痩せる腸内細菌と言われているものです。この痩せてる人と同じ腸内細菌を手に入れることで痩せようとするのが腸内細菌ダイエットです。

この痩せてる人の菌とは実は腸内善玉菌と呼ばれている菌のことであり、言い換えれば乳酸菌やビフィズス菌のことです。

では、痩せる腸内細菌を増やすためにヨーグルトを食べればよいのかと言えば、それほど単純なものではありません。

一応、腸内善玉菌を増やすために乳酸菌を含むヨーグルトを食べるという考え方は間違っていませんが、ヨーグルトには腸内悪玉菌を増やす要素もあるためメリットばかりではないからです。

ヨーグルトには乳酸菌による整腸作用とともに、乳脂肪による腸内環境を悪化させる逆効果もあります。

ヨーグルトの健康によいというイメージとは裏腹に、逆にヨーグルトが健康にそれほどよい影響を与えないという話もあります。(もちろん乳酸菌を含まない牛乳よりも体によいことは確かです。)

牛肉の脂身は動脈硬化を招くなど体に悪いことで知られていますが、ヨーグルトに含まれる乳脂肪は牛肉の脂身と同じ成分です。

この乳脂肪がそのまま腸内環境を悪化させる要因になります。なぜなら、動物性脂肪は腸内悪玉菌を増やす原因になるからです。

よって、腸内環境を改善させるには腸内の乳酸菌を増やす健康食品でありながら、乳脂肪(動物性脂肪)を含まないものである必要があります。

この条件にあてはまる健康食品は食物繊維とオリゴ糖です。

痩せる腸内細菌を増やすのは腸内環境を整えるのと同じことなので、食物繊維やオリゴ糖を積極的に補いことが痩せる腸内細菌を増やす方法となります。