酵素ドリンクの効果を決める要素

酵素ドリンクの効果は含有する酵素数と、酵素以外の追加の配合成分によって決まります。酵素ドリンクのダイエット効果に関しては酵素数で決まると考えて間違いありません。

酵素ダイエットとは代謝に関わる体内酵素の不足を補うダイエット方法です。

体内酵素の種類は約4000~5000種類あり、酵素数が多い酵素ドリンクほど体内酵素をもれなく補えるのでダイエット効果が高くなるわけです。

この点、市販の酵素製品中で酵素数が一番多いのはベルタ酵素です。酵素ドリンクのダイエット効果を追求するならベルタ酵素が最良の選択になります。

また、酵素ドリンクには追加で健康成分や美容成分が配合されていたります。

例えば、酵水素328選の場合は健康成分である水素、お嬢様酵素の場合は美容成分であるコラーゲンです。

ベルタ酵素の場合は健康成分であるオリゴ糖と水溶性食物繊維(整腸作用による便秘改善効果)、美容成分であるヒアルロン酸とプラセンタなどです。

ベルタ酵素の場合は痩せやすい体を作る508種類の酵素に加え、便秘改善効果や美肌効果も期待できるというわけです。

もしダイエットシェイクで置き換えダイエットをした場合、ダイエットシェイクには代謝を上げる成分は入っていないため、体重を減らすほど代謝が低下します。

しかし酵素ドリンクで置き換えダイエットをした場合、体内酵素の不足を補いながら置き換えができるので、ダイエット後の代謝の低下を防ぐことができます。

ダイエット後のリバウンドを防ぐというのも、酵素ダイエットの大きなメリットの1つです。