食事直後の運動はダイエットにどう影響?

食事の直後に運動をするとダイエットに影響するというより、まず消化活動に悪影響を与えます。運動中は消化管の機能が低下するからです。

そのため、食事の直後に運動をすれば胃の調子が悪くなって気分が悪くなると思います。胃腸が弱い人には健康上の大きなマイナスになり得ます。

そのようなわけで、食事の直後は運動をしない方がよいでしょう。

ダイエットにどう影響するかについては、直接的な影響は特にありません。運動のダイエット効果はカロリーを消費することであり、それ以上でもそれ以下でもないからです。

ただ、消化管の機能が低下することで運動パフォーマンスが低下する(気分が悪くなって速く走れないなど)なら、消費カロリー減につながるので、その分だけダイエット効果は低下します。

また、食事の前に運動をした方が体脂肪を燃焼させやすいという話もありますが、これは体の機能的な部分のごく一部のみにフォーカスしたこじつけです。

食事の前に運動をしても、食事の後に運動をしても、体脂肪の減りやすさには全く影響を与えないのでその点は心配する必要はないでしょう。

運動をする前の食事のタイミングについては、実際にマラソンや試合などで運動をする人の例を見ると参考になります。

なぜなら、それは運動パフォーマンスを最高にするための食事のタイミングであり、ダイエットをする私たちも運動パフォーマンスを高められた方が消費カロリーを増やせるからです。

例えばマラソンや試合をする人は、運動をする最低でも2時間以上前には食事を終わらせるようです。理想は3時間前です。

これには理由があって、食べたものの固形物の消化時間には約2時間を必要とするからです。

これは消化活動に負担をかけないための食事のタイミングですが、別に運動前にあえてご飯を食べる必要はありません。私たちはそこまで運動パフォーマンスをシビアに求める立場にはないからです。

運動をしてから食事をしても全く問題はありません。胃に負担をかけたくないという観点から、食事の直後の運動さえ避ければよいのです。