ditダイエットで痩せる秘訣

ditダイエットとは食事誘導性熱産生のしくみを利用したダイエット方法のことです。ditダイエットのしくみをうまく活用することで効果的にダイエットを進めることができます。

まずditダイエットにおける食事誘導性熱産生のしくみを知っておきましょう。

食事誘導性熱産生とは、摂取した三大栄養素(炭水化物、たんぱく質、脂肪)の比率によって体に吸収されるカロリーの割合が変化するしくみのことです。

ある食品を摂取した場合、その食品に含まれるカロリーの全て100%が体に吸収されて活用されるわけではありません。

食事をした直後に汗をかいたことがあると思いますが、食事をすればそれを消化するためにもカロリーを消費します。

その消化活動で熱エネルギーを生産するため、カロリーロスが発生します。このカロリーロスを誘発する消化活動による熱エネルギー生産を食事誘導性熱産生と言います。

そして、このカロリーロスの割合は三大栄養素によって決まっています。

具体的には炭水化物の約10%、たんぱく質の約30%、脂肪の約4%が食べた瞬間に食事誘導性熱産生によってカロリーロスします。

ということは…、食事をする時には同じ摂取カロリーだとしても脂肪で多くカロリーを摂取するより炭水化物でカロリーを多く摂取した方が体に吸収されるカロリー量が減るわけです。

しかし10%の炭水化物と4%の脂肪では6%の差しかないため、より明確なダイエット効果を得ようとするならたんぱく質の摂取比率を上げる方がよいでしょう。

よって、ditダイエットで痩せる秘訣とは摂取カロリーを同じにしながら、たんぱく質で摂取するカロリーの比率を上げることです。