甘栗のカロリー

甘栗のカロリーは日本栗と中国栗(甘栗)で異なります。コンビニやスーパー、屋台などで売られている天津甘栗のカロリーは100g当たり225kcalです。

また、日本栗のカロリーは164kcalです。甘栗よりも日本栗の方が、甘さ控えめな分だけカロリーは低いです。

栗に多く含まれる栄養素は葉酸です。甘栗100gには葉酸が100μg含まれており、日本栗の場合は74μg含まれています。

葉酸は妊娠初期に補うとよい栄養素です。

妊娠初期は体内で胎児が形作られる大切な時期ですが、この時期に葉酸が不足すると二分脊椎などの神経管閉鎖障害(胎児の先天異常)が引き起こされます。

妊娠初期の葉酸の摂取は厚生労働省が推奨しています。

中国南部においては神経管閉鎖障害の発症率が低いのですが、その理由が葉酸の摂取量にあると研究で突き止めたわけです。

神経管閉鎖障害は欧米で多く、元々日本ではそれほど多くなかったのですが、日本でも食生活の変化により神経管閉鎖障害の発症率が上昇してきました。

そこで、葉酸を補って神経管閉鎖障害の発症率を下げようというのが、厚生労働省が葉酸の摂取を推奨している目的です。

葉酸はサプリメントで補うこともできますが、おやつ感覚で甘栗を食べることでも補うことができます。

葉酸の推奨摂取量は1日当たり400μgです。この摂取量だと神経管閉鎖障害の発症リスクを減らせることがわかっているので、そのまま推奨摂取量になっています。