脂肪燃焼サプリの効果について

脂肪燃焼サプリには本当に効果があるのでしょうか。例えば代表的な脂肪燃焼サプリにはアミノ酸がありますが、これを例に脂肪燃焼サプリの効果について解説します。

脂肪燃焼系のアミノ酸のサプリといえば、BCAAも有名です。これは持久系のアミノ酸と言われるもので、必須アミノ酸をいくつか組み合わせたものです。

BCAAを摂取すると持久力が向上し、それによって持久力を必要とするランニングなどの運動パフォーマンスを上げます。

さて、BCAAを含め、アミノ酸サプリには直接脂肪を燃焼させるような効果はありません。

アミノ酸サプリの効果は上のBCAAのところに書いた通り、運動パフォーマンスを上げる効果です。

例えば、今まではランニングを分速134mの速度でしかできなかったけど、BCAAを飲んだら運動パフォーマンスが上がったので分速161mで走れるようになった。

体重60キロの人が分速134mの速度でランニングをした場合、1時間当たりの消費カロリーは441kmです。

これが分速161mの速度で走れるようになった場合、消費カロリーは567kcalに上がります。

このように、BCAAに直接脂肪を燃焼させる効果はないけれど、BCAAによって運動パフォーマンスが上がったので走る距離が伸びた結果消費カロリーが増えた、というのが間接的な(本当の)ダイエット効果になります。

もちろん、BCAAを飲んだからと言って、これほど劇的に運動パフォーマンスが上がるわけではないことは言うまでもありません。

実際には微妙に持久力が伸びたかもしれない?、という程度のものです。

他の脂肪燃焼系サプリについても同じことが言えます。

飲むだけで脂肪は燃焼しませんが、飲んだら運動パフォーマンスが上がったので、いつもよりたくさん運動ができた。このようなものが現実的なダイエット効果です。