1日3食にプロティンダイエットは間違い?

プロテインダイエットを1日3食にした場合はダイエットに成功しやすいのか?、あるいは逆にダイエットに成功しにくくなるのか?、どちらなのでしょうか。

まず、ダイエットの成功地点を体重が減る地点までなのか、それともダイエット後もリバウンドすることなく痩せた体重を維持することまで含めるのかで回答は違ってきます。

1日3食のプロテインダイエットを「体重を減らす地点までがダイエットの成功」と考えた場合は、最強のダイエット効果を得られる方法の1つだと言えます。

結局のところ体重を減らす効果が高いダイエット方法はカロリー制限であり、1食200kcal未満のプロテインダイエットを1日3食にすれば1日摂取カロリーは600kcal未満です。

精神的に1日3食もプロテインダイエットばかり食べてられるのかという部分は置いといて、強靭な精神でそれを実践した場合は1週間で1キロくらいのペースで体重が減っていきます。

2週間で2キロの体重を短期決戦で減らしたい!、という場合には優れたダイエット方法だと言えます。

ただし、体重を2キロ減らすために1日3食のプロテインダイエットを2週間継続できるのか?、と考えるとできない人が大半だと思います。

ダイエットの成功を「痩せた体重を維持すること」まで含めた場合、1日3食のプロテインダイエットは大部分の人がリバウンドすると考えてほぼ間違いないと思います。

結局、いくらプロテインダイエットにたんぱく質が配合されているとはいえ、食べないダイエット(極端なカロリー制限ダイエット)は基礎代謝を低下させます。

短期的に2キロ体重を落とすことと引き換えに、長期的には体重が増えやすい体になるということです。