月経のむくみを改善する方法

月経時はむくみやすいので困っている人も多いと思います。体質によっては月経の時にむくみやすかったりしますが、月経のむくみは改善させることが可能です。

月経の時になぜむくみが発生するのかというと、月経前症候群という月経の時に特有の体の変化の一症状にむくみがあるからです。

月経前症候群の症状としてはむくみの他に、下腹部膨張感、下腹痛、体重増加、便秘などがあります。また、月経前症候群の症状の強さには個人差があります。

月経前症候群の原因は現在のところ完全には解明されていませんが、ストレスと関係があることは明らかになっていきています。

ストレスを感じやすい人ほど月経前症候群の症状が強く出やすく、月経前症候群の症状の1つとしてむくみが体に現れやすいというわけです。

月経前症候群の症状を緩和させるには、ストレスを感じにくい体にする必要があります。そうすることで、むくみという体重増加に関係する症状も緩和させることができるのです。

自分なりにストレスの解消法を見つけることも必要ですが、脳腸相関という体のしくみからストレスを緩和させる方法も少し書いてみます。

脳腸相関とは、腸内環境の悪化と脳によるストレスの感じやすさに、密接な関係があることを表す言葉です。

言い換えれば、腸内環境が悪化すると脳がストレスを感じやすくなり、ストレスを感じるとそれが逆に腸内環境を悪化させる原因になるということです。

この腸内環境悪化とストレスの悪循環を断つ1つの方法として、腸内環境を整える健康食品を摂取することです。

例えば、普段の食事で野菜を多めに摂取して食物繊維を補うことは、腸内環境を改善させる有効な手段です。あるいは、オリゴ糖を摂取して腸内善玉菌を増やすことも効果的です。