脚やせには食事制限が重要

脚やせは食事制限ではなくエクササイズで行うものだという認識があると思いますが、実は食事制限を抜きにして脚やせを達成することは不可能です。

逆にいうと、エクササイズだけでは脚やせは達成できません。

脚やせを達成するためにはそもそも脚の脂肪を減らすことが不可欠です。

しかし、どれだけ脚の部分のエクササイズを行ったとしても、脚の部分の脂肪だけ集中的に減らすことは不可能です。

さらに、脚の部分だけという局地的な運動では、消費カロリーも少ないので脂肪さえほとんど落とすことができません。

また、脚の部分のマッサージを行えば脚やせ効果を得られると勘違いする人は多いですが、マッサージでは脚の脂肪は減らないので脚やせ効果はゼロです。

リンパマッサージも脚やせには効果がありませんし、もちろんエステの施術におけるマッサージも脚やせ効果はゼロです。

根本的に脚やせを実現しようとするなら、脚の部分の脂肪を減らしていくことが絶対条件なわけです。

また、体の脂肪というものは付く時にも体全体に均等に付きますが、減る時にも体全体から均等に減っていきます。

これが意味するところは、脚のトレーニングを行っても落ちる脂肪は体全体から均等的に落ちるわけであり、脚の脂肪が集中的に落ちるわけではないということです。

逆に言うと、ジョギングや水泳などの全身運動を行った場合にも同じことが言えます。体全体から均等的に脂肪が減っていくわけですから、脚の脂肪も平均的に落ちていきます。

このような体脂肪の落ち方(体全体から均等的に落ちていくこと)は、食事制限をした場合にもあてはまります。

運動よりも食事制限の方が体の脂肪を大胆に落とせるので、脚やせには食事制限が不可欠だというわけです。