ジョギングと腹筋はどっちが痩せる?

ジョギングと腹筋なら痩せる効果が大きいのはどちらでしょうか。基本的に運動だけで痩せるのは難しいことですが(消費カロリーが少ないため)、腹筋は極端に痩せるのが難しい運動だと言えます。

ジョギングの場合は少なくとも10分や15分程度は継続して運動を行うと思います。そのため、消費カロリーもある程度はまとまった分を期待できます。

例えば体重が60キロある人の場合、ジョギングを15分すれば94.5kcalくらいはカロリーを消費できます。

それでも、コンビニのおにぎり1個(180kcal)を食事制限するようなカロリー制限と比べればダイエット効果は半分くらいですが、一応はダイエット効果に貢献するくらいのカロリー制限は可能です。

腹筋の場合はどうでしょうか。「腹筋をしっかりやった」と感じるのはだいたい100回くらいだと思いますが、腹筋100回の消費カロリーは実際のところ何kcalだと思いますか?

せいぜい16kcalくらいのものです。ダイエット効果としては、1個4gの飴玉(16kcal)を食べると消えてなくなる程度のものです。

なぜ腹筋の消費カロリーがこれほど少ないのかというと、腹筋は1秒当たりの消費カロリーが大きい反面、運動の継続時間が短くなるからです。

腹筋を100回やってもせいぜい2分くらいしか必要としません。それ以上時間をかけてやれば1秒当たりの消費カロリーも減るので腹筋を100回終えた後の消費カロリーに差はありません。

腹筋よりもジョギングをした方が痩せられるということです。