ホットヨガの効果は?

ホットヨガの効果は普通のヨガよりも大きいと思っていませんか?また、多量の汗をかくホットヨガはダイエット効果が特に大きい運動だという誤解もあると思います。

ホットヨガの効果の実際について解説します。

まず、ホットヨガとヨガを比べた際に、効果に差があるのかについて書いてみます。

基本的にはホットヨガとヨガには効果に大きな違いがありません。

違いと言えば、ホットヨガの方が高温多湿の室内で行って汗をかきやすいため、多量に汗をかくという特徴が加わるだけです。汗をかくヨガがホットヨガというわけです。

では、そもそもヨガの効果はどれくらいあるのでしょうか。

ヨガも他の運動も基本的に運動であるということは同じで、ヨガの効果も運動によるカロリーを消費する効果がダイエットに関係する部分です。

神秘的な動作を行うヨガのダイエット効果が他の運動より大きいのかと言えば、逆にヨガのダイエット効果の方が低くなります。

痩せようとして運動を行う際、ヨガを行ってもほとんど痩せる効果はありません。その理由はヨガの消費カロリーが極端に少ないから、よほど長時間(数時間)やらないと脂肪を減らすことができないからです。

ちなみにヨガを30分行った場合の消費カロリーは47kcal程度です。

そこで気になるのが、ホットヨガの場合は多量に汗をかくので消費カロリーが増えるのではないかということですが、残念ながら汗をかいてもカロリーは消費しません。

よって、ホットヨガの消費カロリーも30分当たり47kcal程度です。

ホットヨガもヨガも全く痩せない運動である、といっても間違いはないと思います。