水泳は痩せやすい方法

運動でも水泳は痩せやすい方法の代表格です。なぜなら、水泳はジョギングと比べたら足腰に大きな負担をかけずに行えますし、消費カロリーもかなり多い運動です。

水泳が痩せやすい方法であるもう1つの理由は、水泳が全身の筋肉を適度に鍛えるには好都合な運動だからです。

同じ痩せる場合でも体型を整えるという観点からは、食事制限とショギング、水泳のダイエット効果はそれぞれ異なります。

食事制限は筋肉を鍛えることは全くできないけれど、最も体脂肪を落としやすいダイエット方法です。理由は運動よりもカロリーコントロールが容易だからです。

ちなみに、運動は体脂肪を落とすという観点からは食事制限よりも不利なダイエット方法です。(例えば、運動後はお腹がすくので消費した分のカロリーを摂取してしまうなど。)

運動と食事制限は併用していった方がダイエットには有利です。

ジョギングの場合は下半身を主に使うため、筋肉が鍛えられるのは足など下半身中心です。これに対して、水泳は全身運動なので、全身の筋肉をまんべんなく鍛えることができます。

体の美しさは体脂肪が減った状態だけでは不十分であり(例えばガリガリなだけのモデルなど)、適度な筋肉が付いている方が体の線も綺麗に見えます。

泳ぐという行為は水中で手足を使って水をかきわけます。さらに、腹筋も背筋も含めて全身を使って前に進もうとします。

だから、全身の筋肉が適度に鍛えらえて美しい体になれるわけです。