筋トレの消費カロリーは少ない

筋トレの消費カロリーは表面的には多いように見えますが、実は有酸素運動と比べれば筋トレの消費カロリーは微々たるものです。

筋トレの平均的な消費カロリーは、体重が60キロの人の場合で580kcalくらいです。また、体重が50キロの人だと470kcalくらいです。

この消費カロリーだとかなり痩せそうだと一見は想像してしまいますが、筋トレと有酸素運動を行う場合の運動時間に着目すれば、筋トレの消費カロリーがいかに少ないのかに気付くはずです。

例えば腹筋をした場合のことを想像してみるとよくわかります。

腹筋を100回もできる人はあまり多くないと思います。言い換えれば、腹筋を100回もやればかなり運動をしたという実感があります。

腹筋100回の所要時間はおよそ2分くらいのものです。体重60キロの人が腹筋を2分した場合の消費カロリーは580kcalの60分の2であり、19.3kcalです。

これはジョギングでは約3分の消費カロリーに該当します。

腹筋なら100回やっただけでもかなり疲れると思いますが、ジョギングなら3分以上は問題なく走れるはずです。

ジョギングなら5分くらいは難なく走れるでしょう。それだけで腹筋の消費カロリーを大幅に上回っています。

また、ジムに通って足や腕、胸の筋トレを本格的にするにしても、10回を1セットとして3セット行う、というようなトレーニング方法を取るはずです。

10回のワンセットの所要時間が何秒なのか、それを3セット行えば合計の所要時間は何分になるのか。この辺を考えると、筋トレでは思っているほどカロリーを消費できていない現実を理解できるはずです。

本格的に体脂肪を落とそうとするなら、筋トレだけでなく有酸素運動も必要になるのはこのためです。