足のリンパを流すと細くなる?

リンパマッサージとは足のリンパを流すダイエット方法ですが、本当に足が細くなるのでしょうか。足のリンパを流すと足が細くなるのかを明確に解説します。

まず、足のリンパを流す目的は足のむくみを改善させることです。

むくみの原因が組織に余分な水分が停滞することであり、マッサージで水分をリンパ管に回収させて、リンパ管の流れに乗せて流すことで足のむくみを改善させるというしくみです。

しかし、リンパ管の水分をマッサージで流せるほど、人間の体は単純にはできていません。

血液は血管を通って全身を循環していますが、リンパ液もリンパ管を通って全身を循環しています。

でも両者には決定的な違いがあります。血液の流れを作る心臓に対して、リンパ液に対する心臓の役割を果たすものは存在していません。

それゆえ、リンパ液の流れは筋肉の収縮の圧力だけで作られています。例えば足を動かすと足の筋肉が収縮しますが、この筋肉の収縮による圧力を利用してリンパ液は流れています。

さらに、立った状態では重力が働きます。この重力によって上にあるリンパ液は下に下がってくるのです。

よって、もし一時的にリンパ管に圧力を加えてリンパ液を移動させることに成功できたとしても、立つと重力によってリンパ液が下がってきます。

実際にはマッサージでリンパ液を効率よく流せるようなものではありませんが、仮にいったんは流すことに成功できてもすぐに下がってくるわけです。

リンパマッサージの効果は非常に小さいものであり、効果が得られたとしてもその状態は数時間程度もあるかないかくらいと、長くは続きません。