酵素の効果は本当?

まず酵素の効果の代表的なものは痩せやすい体を築くこと(基礎代謝を上げること)です。また、腸内環境を整えることで便秘を改善させたり健康維持に役立つ効果もあります。

酵素の効果で基礎代謝が上がるしくみに関しては、体のエネルギー代謝に必要な約4000~5000種類の体内酵素の不足を補うことでエネルギー代謝が上がるというものです。

人間の体内には約4000~5000種類の酵素が存在しており、これらの酵素が複雑に化学反応を引き起こしてエネルギーを作っています。これがエネルギー代謝のしくみです。

酵素の効果についてはこの辺で置いといて、酵素の効果が本当なのかについて解説します。

まず、酵素の効果が嘘じゃないのか?、という話もあるようですが、それは酵素という成分の科学的な性質を完全に理解できていないがために生まれる誤解です。

酵素ドリンクなどで酵素を補うと、胃酸の消化活動にさらされます。

この時に、たんぱく質でできている酵素が胃酸で分解されることによって酵素の効果が失われる、というのは誤解に基づく誤った情報です。

人が食べて胃の中に入ったものは、全て胃酸によって消化されます。そして小腸で吸収されて体内で有効活用されます。

酵素の場合も酵素を包む周りのたんぱく質が壊れるため、口に入れたそのままの状態では体に吸収されません。

ただ、これはどんな栄養素についても同じことが言えます。

例えば肉や魚に含まれるたんぱく質ですが、胃酸でアミノ酸まで分解されてから体に吸収されます。しかし、たんぱく質という成分の効果(筋肉の材料になるなど)はそのまま発揮されます。

各種のビタミンについてはそのことが明確に言えます。

ビタミンは胃酸で壊されてから体に吸収されますが、だからといってビタミンの効果が失われることはありません。胃酸で壊されたビタミンがなお効果を発揮しているから、私たちは今も生きていると言えます。

これは全ての栄養素にも同じことが言えると同時に、酵素にも同じことが言えます。

胃酸で壊された酵素も他の栄養素と同じく、体に吸収されて効果を発揮するわけです。