酵素ダイエットで痩せない理由

もし酵素ダイエットで痩せない場合、理由は2つ考えられます。1つ目は酵素サプリでダイエットを行ったこと、2つ目は酵素ドリンクの酵素数が少なかったことです。

酵素ダイエットの効果は補う酵素量と酵素数という2つの要素と密接に関係しています。補う酵素量が少ないのなら、酵素ダイエットの効果が減るのは当然のことだからです。

まず、酵素サプリの1回に飲む目安量はだいたい1g前後です。これに対して、酵素ドリンクは20gから60gです。飲む量からすでに20倍から60倍もの開きがあります。

かといって、酵素サプリに酵素が凝縮されているのかというと、そうではありません。

同じ酵素ドリンクで比較した場合でも、酵素の効果は製品により全く異なってきます。酵素数が少ない酵素ドリンクを飲んでいたのでは、ほとんど効果を得られないからです。

ご存じの通り、酵素ダイエットとは体内酵素の不足を補うダイエット方法です。体内酵素は体の代謝量と密接な関係があるため、これを補うことで痩せる体を作るのが酵素ダイエットです。

人の体内酵素数は約4000~5000種類ですが、例えば酵素数40種類の酵素ドリンクを飲んでも100分の1以下しか補えず、酵素を補うという観点からは焼け石に水です。

しかし、ベルタ酵素のような酵素数が508種類の酵素ドリンクの場合、体内酵素の不足分のうちの8分の1~10分までを補うことができます。

これくらいの酵素数でないと、まず酵素ダイエットは成功しません。