酵素ドリンクの効果を解説

酵素ドリンクにも効果が高い製品や低い製品がありますが、一般的な酵素ドリンクの効果を挙げるなら、基礎代謝を上げて痩せやすい体を築くことがその代表的なものです。

その他の酵素ドリンクの効果としては、含有される乳酸菌や酵母菌、これらの菌が生産した生産物が腸内環境を整えることです。(この作用は便秘の改善にも役立ちます。)

腸内環境が整えられれば、健康維持にも当然のことながら役立ちます。

要するに、酵素ドリンクの効果はダイエットに役立つこと(痩せやすい体を築くこと)、便秘の改善に役立つこと、健康維持に役立つことの3つが主なものです。

酵素ドリンクのダイエット効果に関しては、含有する酵素数によって変化します。酵素数が多い酵素ドリンクほどダイエット効果が高いのです。

人間の体内酵素の数は4000種類以上であり、これらの酵素が全て複雑に影響し合ってエネルギー代謝を行っています。

ゆえに、完璧な酵素ドリンクとは4000種類以上の酵素を含むものですが、あまりにも製造コストが高くなりすぎるためそのような酵素ドリンクは存在していません。

市販の酵素ドリンクで一番酵素数が多いのはベルタ酵素(酵素数=508種類)です。

ベルタ酵素の場合は体内酵素4000種類のうちの約8分の1の酵素を補えるわけであり、体内酵素を補って基礎代謝を上げるためには十分な酵素数を誇っています。

また、ベルタ酵素には腸内環境を整えるオリゴ糖、美肌効果を持つヒアルロン酸やプラセンタも含まれています。