骨盤を締めるは意味がない行為

もし骨盤を締めることでダイエットなど何らかの効果が得られると考えているのなら、全く意味がない行為なので特にやる必要はないでしょう。

なぜ骨盤を締めるという行為に意味がないのかというと、骨盤矯正には医学的に何ら根拠がないからです。骨盤矯正の効果は全て嘘の話です。

まず、医学的な立場にいる人が骨盤矯正の効果を認めたような過去はなく、逆に高須クリニックの院長のように骨盤矯正の効果を真っ向から否定している場合さえあります。

ちなみに、高須クリニックの院長は医学博士です。

これに対して、骨盤矯正の効果をしきりに宣伝しているのは、どこかの針きゅう院や骨盤矯正を行う整体院など利害関係がある立場の人に限られます。

骨盤を締めることが何ら効果を生まないという医学的根拠として、骨盤は体の構造上、動きません。開きもしないし締まりもしません。

もうこれ以上の解説は必要ないとは思いますが、「骨盤は体の構造上動くものではないが、仮に骨盤が何らかのことで数ミリ単位動いたとして、これが何らかの効果をもたらすとは考えられない」というのが医学的な立場にいる人の全体的な意見です。

よくある骨盤を締めるダイエットベルト、骨盤ベルトについても全く同じことが言えます。

そもそも、骨盤ベルトでウエスト部分を締めたとして、骨盤が締まるほど強い力は加えられません。これは、本当に骨盤が締まるのか意識しながら実際に骨盤ベルトを使うとよくわかるでしょう。

骨盤は骨折するような力が加わらない限り動くようなものではないのです。