骨盤ダイエットの効果は嘘か?

骨盤ダイエットの効果は本当なのか、嘘なのか。医学的な知識がない一般人からしたら全くわからないので、骨盤ベルトなどのダイエット器具を本当に買ってもよいのか迷うところです。

そこで、骨盤ダイエットに本当に効果があるのかを明確に解説します。

まず、一般的に骨盤ダイエットで説明される効果としては、骨盤の歪みを矯正することで痩せやすい体になるというものです。

骨盤は開くものであり、骨盤が開くと内臓が下がって下腹がぽっこりと出てしまう。内臓が下がると血液やリンパの流れが悪くなり、太りやすい体になってしまう、などです。

まず、内臓が下がると言いますが、内臓は臓器の表面にある結合組織でつられているので下がりません。内臓が下がると言った時点で医学的知識が皆無である証明となります。

また、内臓が下がると血液やリンパの流れが…という部分に関して、もう何を言っているのか意味不明なこじつけです。

内臓が下がらないものである時点ですでに論理破綻してますが、「血液」「リンパの流れ」というもっともらしい言葉を加えることで話を本当っぽく仕立てあげています。

骨盤ダイエットに効果がない医学根拠をはっきりさせると、骨盤は開きもしないし締まりもしないものだということです。

骨盤を締めるのが骨盤ダイエットのしくみですが、骨盤は開かないし締まらないのです。交通事故で骨盤を強打して骨折するほどの力が加わらない限り、骨盤は動きません。