満腹を感じるダイエット方法と食事の工夫

食事の工夫は満腹を感じるダイエット方法の核心部分になります。炭水化物を摂取するタイミングや低カロリーでボリュームのある食事の他、たんぱく質の摂取も重要な要素です。

満腹を感じるダイエット方法とは、いかに食事内容や食事方法を工夫するかにかかっていて、これらの栄養素をいつどのように摂取するのかが重要になるのです。

まず、満腹を感じるためには炭水化物を摂取するタイミングが重要になります。

基本的に、炭水化物を摂取してから15分くらい経過したのち、満腹を感じるように人の体はできています。よって、食事の時にご飯を一気に早食いしてしまわないことです。

ご飯をゆっくりと15分以上かけて食べることで、必要以上に食べなくても満腹を感じることができます。

例えば、食事の始まりと同時にご飯を少しだけ食べ、その後はおかずを食べながらご飯をゆっくり食べるようにします。そうすることで食事の開始から15分くらい後には食欲が満たされているはずです。

また、例えばキャベツダイエットのように、低カロリーでかさのあるものをたくさん食べれば満腹を感じるはずです。食事と食事の間に間食として食べてもよいですし、おかずの一部にすれば食欲が満たされて食事の満足度が向上するはずです。

最後に、たんぱく質は食欲を抑制させる重要な栄養素です。

ご飯を多量に食べてカロリーをたくさん摂取しても、食事を終えてから少しするとまたお腹が減ってしまいます。

しかし、たんぱく質を適度に(体重1キロ当たり1g程度)摂取しておけば、1日と通してお腹がすきにくくなります。