炭水化物率が低い食べ物

食べ物で炭水化物率が低いもの(言い換えれば炭水化物が少ない食品)は、野菜と肉や魚です。逆に炭水化物が多い食べ物は穀物(米や小麦など)です。

炭水化物ダイエットの概念としては、炭水化物率が低い食べ物を食べると痩せるというものです。

確かに、穀物よりも野菜の方がカロリーが低いので、炭水化物が少ない食品ばかりを食べていた方が痩せやすいのは理にかなっています。

しかし、いわゆる炭水化物ダイエットに特別なダイエット効果があるのかと言えばそういうわけでもありません。

炭水化物ダイエットは炭水化物を控えれば体脂肪が付きにくいとの考え方ですが、体脂肪が付くか付かないかは摂取カロリーが全ての要因なので、栄養素として炭水化物を控えるだけでは意味がないわけです。

ただ、比較的高カロリーな炭水化物を少な目に食べて、炭水化物が少ない野菜をお腹いっぱい食べることで摂取カロリーを控えるという考え方は間違っていません。

また、ご飯を食べるのならおかゆやお茶漬けにして水気を多くした方が、胃の満腹度に対して摂取カロリーが少なくなるのでダイエットには役立ちます。

炭水化物というものは適度に摂取した方がダイエットを有利にする場合もあります。理由は炭水化物が食欲を抑制させる栄養素であることです。

炭水化物を摂取すると血糖値が上がり、これが食欲を抑制させるように働きます。炭水化物を一切食べないと血糖値が上がらないため、満腹感を得られにくいわけです。