置き換えは効果あり

置き換えはダイエットの効果を明確に体感できるダイエット方法です。例えば、運動と置き換えを効果の点で比べれば、体重を目に見えて減らすダイエット効果を得られます。

運動より置き換えの方が効果を体感できる理由は2つあります。

1つ目は、置き換えの方がカロリーコントロールの効果が大きいことです。

例えば、ジョギングを30分しても189kcalほどしかカロリーを消費しません。しかし、6000kcalの食事を43kcalのダイエット食品に置き換えると557kcalもカロリー制限できます。

上記の置き換えのやり方だと、ジョギング30分の2.9倍早く体重が落ちていくわけです。

2つ目の理由としては、運動でカロリーを消費してもその分だけ食欲が増すので、食べてしまってダイエット効果を打ち消してしまうことです。

恐らく、ジョギングを30分すればかなり食欲が沸いてくると思います。189kcal消費してもご飯を189kcal分余分に食べてしまうか、189kcal分以上に食べてしまいます。

運動をして全く体重が減らないばかりか、逆に体重が増えてしまう場合もあるということです。運動をしても体重が減らないと悩む声は多いですが、食欲増進の作用が大きく関わっています。

置き換え食品にはダイエットシェイク、クッキー(おからクッキーなど)、酵素ドリンクなどがあります。

ダイエットシェイクはだいたい180kcalくらいです。普段の食事で600kcal摂取しているものを180kcalのダイエットシェイクに置き換えた場合、420kcal分のダイエット効果を得られます。

ダイエットシェイクで置き換えする場合は、できればプロテイン(たんぱく質)を含む製品が良いです。たんぱく質には筋肉が減るのを緩和する効果があるからです。

おからクッキーなどクッキー系のダイエット食品で置き換えするのは避けた方がよいかもしれません。クッキー自体は高カロリーだけど、食べる量が少ないから低カロリーなだけです。クッキーに置き換えても物足りなくて我慢できないと思います。

酵素ドリンクで置き換える場合は、酵素を補うことによる代謝を上げる効果を期待できます。置き換えによるカロリー制限の効果に加えて、代謝が上がることによるカロリー消費の効果も見込めるというわけです。

酵素ドリンクは炭酸水で割ると満腹感を得られやすくなります。