野菜をたくさん食べるダイエットのメリットと注意点

野菜をたくさん食べることはダイエットに大きなメリットをもたらしますが、気を付けなければならない注意点もあります。

そこで、野菜をたくさん食べるダイエットのメリットと注意点を解説します。

まず、普段の食事でカロリー制限をしていて物足りないと感じている場合、食事メニューに野菜を加えることでたくさん食べても太らずにすみます。

野菜は煮物野菜でもかまいませんし、キャベツダイエットのような生野菜でもかまいません。

注意点としては、ニンジンなどの煮物野菜は食べ過ぎるとカロリーオーバーになってしまうことです。カロリーのある煮物野菜は適度に食べるとよいでしょう。

タケノコなど低カロリーのものは基本的に食べ放題でも太りません。

次に生野菜を食べる場合の注意点ですが、ドレッシングやマヨネーズといった高カロリーなものをかけずに食べることです。

塩をふったりしょう油をかけたりして食べると、食べ放題にしても太ることはありません。

生野菜は食事のときだけでなく、お腹がすいた時の間食として食べてもよいでしょう。ただし、先ほど書いた通りドレッシングはかけないことです。

野菜をたくさん食べるメリットは便秘の改善にも役立ちます。さらに、特に緑黄色野菜の場合はビタミンやポリフェノールも摂取できるので健康効果や美肌効果も期待できます。

ただし、食事を完全に抜いて野菜だけを食べるようなダイエットをまる1日行うようなことをすると、野菜以外の栄養が足りなくなるので体に問題が出てきます。

例えば、たんぱく質(肉や魚)を摂取しなければ体の筋肉も減ってきますし、たんぱく質はコラーゲンを作る材料にもなるので肌荒れにもなります。

ご飯を少し減らした代わりに野菜を食べてお腹を満たすとか、間食で食べるような緩い活用法ならダイエットに大きなメリットをもたらします。