食事制限の後に太る理由と対処法

食事制限で痩せた後に太る場合には理由があり、対処法にのっとってダイエットを行えばリバウンドは防げます。

食事制限の後に太るのは基礎代謝が低下しているから、という理由が大きいです。間違った食事制限をすれば基礎代謝は低下するので、ダイエット後に太る確率も上がります。

しかし、基礎代謝を低下させないようなダイエットを意識することで、痩せた後にまた太るというような状況は回避できます。

基本的に食事の量を減らせば痩せる、と単純に考えてダイエットをしている人ほど食事制限の後に太る確率が上がります。

どうすれば食事制限後のリバウンドを防げるのかというと、対処法はいくつか考えられます。

その1つ目は、基礎代謝を低下させないような食事制限を行うことです。

ご存じの通り、食事制限で痩せれば必ずと言ってよいほど基礎代謝は低下します。

ダイエットで失敗する理由のほぼ100%がリバウンドであることを考えても(体重を一時的に減らすところまでは誰でも成功できている)、ほとんどの人が食事制限で基礎代謝を低下させているわけです。

基礎代謝が低下する理由として、食事制限によって食べる量を減らしたので筋肉の量が減ってしまったことが挙げられます。

この筋肉の減少を防ぐには食事制限をしながらも、たんぱく質の摂取量を十分に確保することです。また、食事制限をしながら運動を取り入れることも基礎代謝の低下を防ぐ1つの方法です。

もう1つの方法としては、酵素を補うことです。

基礎代謝の低下は上に書いた筋肉量の減少も1つの理由ですが、食事を減らしたことによる酵素の摂取量の不足という理由も大きいです。

だから、短期間で一気に痩せるようなダイエットをする場合には特に、酵素ドリンクで酵素を補っておく方が基礎代謝の維持という観点から重要です。